仙台吹奏楽団

ダグラス・ボストック 指揮マスタークラス・仙台

Douglas Bostock Conducting Masterclass in Sendai


【日時】

20181124日(土)10:0018:00

1125日(日)10:0018:00


10:00-10:30 Class Meeting

10:30-13:30 Session

13:30-14:30 Lunch

14:30-15:00 Class Meeting 

15:00-18:00 Session


【会場】

宮城教育大学講堂


【課題曲】

オーケストラによる講習

E.エルガー/ エニグマ変奏曲 Op.36

吹奏楽による講習

A.リード/ アルメニアンダンス パート1

・真島俊夫/ 三つのジャポニスム コンポーザーズエディション


【受講料】

50,000/ 2


【聴講料】

1,000/ 1


【モデルオーケストラ】

・宮城教育大学交響楽団(1124日)

・仙台吹奏楽団(1125日)


【申し込み】

・音楽教育や指揮経験などを含んだ履歴書

・これまで指揮をしてきた主なレパートリー

12ヶ月以内に撮影した指揮の映像


この講習会は英語によって行われます。

受講生は最大10名とします。聴講生の上限はございません。

受講生の方は全日程参加頂けますようご協力よろしくお願いいたします。

2日間の日程で、直接指導を受ける時間は1人あたりおよそ75分です。(多少前後する可能性もございます。)


申し込みの締め切りは20181013日までとします。なお、結果につきましては20181015日までにお知らせいたします。


受講のお申し込みはこちらから

sendaiconducting@gmail.com


IMG_3093



【講師プロフィール】

イギリス人指揮者であるダグラス·ボストックは、2001年よりスイスのアルゴヴィアフィルハーモニック、2003年よりハルウィル・オペラ音楽祭の音楽監督を務めている。2000年から2006年まで東京佼成ウインドオーケストラ首席指揮者、さらに2006年から2010年まで、同楽団首席客演指揮者を歴任。その他、ヨーロッパ各国の数々のオーケストラの指揮者や音楽監督を歴任。

 ヨーロッパ、アジア、アメリカなど世界各地で活動しており、国内においては、新日本フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都交響楽団、日本センチュリー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、群馬交響楽団、藝大フィルハーモニアなど多くの客演指揮を務める。また、これまでに100以上のCDに名を連ね、国際的に高い評価を受けている。

 日本を含む世界各地で行う指揮マスタークラスは絶大な人気を博しており、後進の指導にも積極的にあたっている。

これまで東京藝術大学招聘教授を歴任。指揮やオペラの指導にあたった。現在、洗足学園音楽大学客員教授。

http://www.douglasbostock.net



Date:

24 & 25 Nov. 2018


10:00-10:30 Class Meeting

10:30-13:30 Session

13:30-14:30 Lunch

14:30-15:00 Class Meeting 

15:00-18:00 Session


Location:

Miyagi University of Education 


Repertoire: 

Symphony Orchestra

Edward Elgar  Enigma Variations Op. 36

Wind Orchestra

Alfred Reed     Armenian dances part1

Toshio Mashima  Les Trois Notes du Japon (Composers edition)


Fees: 

Active pertinents/ ¥50,000 2 days

Auditors/ ¥1,000 per day


Orchestras:

Miyagi University of Education Symphony Orchestra (24 Nov)

Sendai Wind Orchestra (25 Nov)


Application:

• CV, including details of music education and conducting experience

• List of main repertoire conducted

• Video link(s) of the applicant conducting made during the last 12 months


The Masterclass language is English. Translation into Japanese will be made as required. 

Maximum number of active participants: 10. Number of passsive participants (auditors) unlimited 

Active participants are obliged to attend all parts of the Masterclass completely.

Assuming 2 x 3 hours orch and 2 x 3 hrs band it will be ca. 75 Minutes podium time per student (with 10 students)


Application deadline: 13th October 2018 (active participants). Applicants will be notified as to the result of their application 15th October 2018. 


Contact:

sendaiconducting@gmail.com


DOUGLAS BOSTOCK

The British conductor Douglas Bostock is Principal Conductor of the Argovia Philharmonic in Switzerland (since 2001) and Music Director of the Hallwyl Opera Festival (since 2003). He previously held positions with the Karlovy Vary Symphony Orchestra (Principal Conductor), the Munich Symphony Orchestra (Principal Guest Conductor), the Czech Chamber Philharmonic (Principal Guest Conductor), the Southwest German Philharmonic (Regular Guest Conductor), and Tokyo Kosei Wind Orchestra (Principal Conductor & Principal Guest Conductor).

 

Douglas Bostock has conducted many of the leading European, North American and Asian orchestras, including the London Philharmonic, the BBC orchestras, Royal Philharmonic, Prague Radio Symphony, Prague Symphony, Aarhus Symphony, New Japan Philharmonic, Kyoto Symphony, Sapporo Symphony, Kansas City Symphony, National Chamber Orchestra, State of Mexico Symphony Orchestra, and the Calgary Philharmonic. He has appeared at such prestigious international venues and festivals as BBC Proms, Vienna Konzerthaus, Suntory Hall, Royal Festival Hall, Konzerthaus Berlin, Tonhalle Zurich, Prague Spring Festival, Herkulessaal Munich, Leipzig Gewandhaus and Ravinia Festival.

 

A prolific recording artist, Douglas Bostock has over 100 CDs to his name, reflecting his diverse and extensive repertoire, and including many less well-known and previously unrecorded works. His major recording cycles of the complete orchestral music of Carl Nielsen and the symphonies of Robert Schumann, as well as the extensive British Symphonic Collection, have won particular international acclaim.

 

Douglas Bostock is renowned internationally as a teacher of conducting. He has been Guest Professor in the conducting and opera departments at Tokyo University of the Arts, where he has a long-standing relationship. His conducting master classes in many countries are widely acclaimed and enjoy great popularity. Furthermore, keenly embracing the challenge of working with young musicians, he is frequently invited to conduct at conservatoires in Europe and Asia, and is Visiting Professor at Senzoku Gakuen College of Music in Japan.

http://www.douglasbostock.net



主催:宮城教育大学交響楽団、日比野裕幸ゼミナール

後援:宮城教育大学音楽教育講座


Organized by:Miyagi University of Education Symphony Orchestra, Hiroyuki Hibino Seminal

Suponsorshup:Miyagi University of Education Department of Music Education



こんばんは!!


本日発売のバンドジャーナル2月号に、


昨年11月に仙台で開催された、Douglas Bostockによるワークショップの記事が掲載されました!!


掲載にご協力くださった作曲家の伊藤康英先生、編集長の大高達夫さん、


本当にありがとうございました!



皆さまぜひご覧くださいね!



おはようございますー。私が常任指揮を務める仙台吹奏楽団の定期演奏会のお知らせです!



仙台吹奏楽団第67回定期演奏会
ちょっとくだけた音楽会

2017年11月5日(日)

仙台銀行ホールイズミティ21大ホール

開場13:15 
開演14:00

一般 800円 
小中高 400円 

指揮 畠山渉
司会 粟津ちひろ(TBC東北放送)





今回は、ミュージカル特集!!



こんばんは〜!



本日は仙台吹奏楽団のレッスンでした。


日立システムズホールの交流ホールにて。




このホール、なんとなくまぁるくて、このまま飛んで行っちゃうんじゃないか?って気持ちになります。


仙台吹奏楽団は11/5(日)に定期演奏会を行います。


今回は、オペラ座の怪人やアニーなど、ミュージカルに焦点を当てたステージになっています!


宣伝は後日改めて!ですが皆さん聴きにいらしてくださいね〜!


こんばんは〜。


また少しサボってしまいました。





昨日は仙台吹奏楽団とのホールリハーサルでして、広瀬文化センターにて一日中リハーサルでした。



やはりホールはいいですね。気持ちいい〜!



普段狭い所で演奏しているので、音量のバランスや、音のリリースのニュアンスなど、気づかないところがたくさんありました。。



また、響きによってテンポやアゴーギクも変化します。


そういったことを確かめながら、丁寧に練習できました。


特に昨日のリハーサルは熱の入り方が凄かったように思いました。団員の熱い気持ちが音に表れていました!



その音を聴いて私も燃えました(笑)




昼休みには、ホルンを吹いて遊んでました。





いろんな楽器を吹くことは、とてもいい勉強になります。


それと同時に、プレイヤーってすごいなぁと、感心されてしまいます。


私も負けないように指揮や勉強を頑張らなければなぁ。



おまけ。




チェロ弾いてる私





フリューゲルホルンを吹いている私







↑このページのトップヘ