こんばんは!


本日は自宅にこもり、作業をしておりました。


吹奏楽は、オリジナル作品だけでなく、管弦楽をアレンジしたものもよく演奏します。


その際に、原曲のスコアと比較しながら勉強するのですが、これが結構大変なんですね。


FullSizeRender



吹奏楽にはバイオリンがありませんから、その声部はフルートやクラリネットなどの木管高音楽器が担当します。


すると、本来のクラリネットのパートなどは、サックスやホルンなどが担当することがあるのです。



一見「え?どうして?」と思うこともありますが、編曲者によって様々なアイディアがあり、だんだんと楽譜を読みこんでいくうちに、その気持ちがわかってきたりします。


原曲本来の響きを求めることも大切ですが、吹奏楽だからこそできることや、音色の魅力を表現できたらいいですよね!